dialogue with me

じぶんとの対話の記録

おちこんだりもしたけれど。

日課をつくりたくて、はじめてみた。

ここに気持ちを吐き出して、気づきがあればいい。

未公開にしてもよかったんだけれど、

ああ、私と同じような気持ちのひとがいるんだなあ

と、ほっとする人がひとりでもいたらちょっと嬉しい。

 

何十人の生活のマネジメントをする激務の仕事が自分のキャパを超え、

1年前の月曜の朝に布団から起き上がれなくなった日から、

いままで心の押入れに閉じ込めていた無理が一気に飛び出してきた。

やっと、これは必要な出来事だったんだ、と思えるようになった。

 

生活も体調も外見もぐちゃぐちゃだったので、ひとつずつ取り戻そう。

とりあえず、部屋の中にあるものの8割くらいを占めるゴミを捨てていこう。

部屋がスッキリしたら、気持ちもスッキリするだろう。

 

風邪気味だったので生姜と葱たっぷりの鳥粥を作った。

胃にしみこむ感じ、良いな。